狂っているのは自分なのか  それともこの世界なのか


昭和58年初夏。 例年よりも暑さの訪れの早い今年の6月は、

昼にはセミの、夕暮れにはひぐらしの合唱を楽しませてくれた。

××県鹿骨市。県境にある寒村、雛見沢村。

人口2千に満たないこの村で。それは毎年起こる。

雛見沢村連続怪死事件(1979年〜1983年)

毎年6月の決まった日に、1人が死に、1人が消える怪奇。

巨大ダム計画を巡る闘争から紡がれる死の連鎖。

昭和中期に隠蔽された怪事件が、蘇る。

陰謀か。偶然か。それとも祟りか。

いるはずの人間が、いない。

いないはずの人間が、いる。

昨夜出会った人間が、生きていない。

そして今いる人間が、生きていない。

惨劇は不可避か。屈する他ないのか。

でも屈するな。

君にしか、立ち向かえない。

公式サイトよりhttp://07th-expansion.net/Soft/Prolog.htm






ここではPC同人ソフト「ひぐらしのなく頃に」を紹介しています。

「ひぐらしのなく頃に」は同人サークル『07th Expansion』が製作した同人ゲームです。

特徴

本作品の特徴とされるのは、同人ゲームの大多数に見られるような「18禁のアダルト的要素を排除している」事、
及びサウンドノベルでありながら「ストーリー展開に影響を与える選択肢が存在しない」事である。
通常のサウンドノベルでは、シナリオのポイントごとにプレーヤーに対し、いくつかの選択肢を用意しその選択が
物語の進行に大きく影響を与える。しかし、本作品ではそのような選択肢が存在せず、プレーヤーは最初から最後まで
文章を読み進めるのみである。その意味では通常の小説となんら変わらず、ゲーム性が一切無いため、
厳密にはゲームでないともいえる。しかし、選択肢を与えずに決まったストーリーを提示することで、
全てのプレーヤーに事件解決への情報は等しくまた過不足なく与えられ、
「読後にプレーヤー自身が物語の謎を推理、想像したとき、この作品は初めてゲームとなる」とされている。

登場人物

前原圭一 (まえばら けいいち) 出題編3作(鬼隠し編、綿流し編、祟殺し編)における主人公。画家である父と母の3人家族。
元々は東京で暮らしていたが、ある事件を起こし、昭和58年5月に雛見沢へと引っ越してきた。
直情的で熱血漢、また好奇心旺盛でうまい話にはすぐ乗らずにはいられない行動派。
成績優秀で頭の回転は早く、口先も大変達者でそのアジテーションにおける天性の才能から
「口先の魔術師」との二つ名が付けられるほどである。ただ詰めが甘いので、主に魅音や
沙都子の手痛い被害にあうことも。ちなみに料理は苦手で、野菜炒めを作ろうとして
家を焼きかけたことがある。

竜宮レナ (りゅうぐう レナ) 圭一と同級生の女の子。「鬼隠し編」のヒロイン。雛見沢出身ではあるが親の仕事の都合で
茨城で暮らしており、圭一より1年前に雛見沢に戻ってきた。 転校してきたばかりの圭一の面倒
を見たりと、献身的な性格で無自覚な善意の塊。奥手な面もあり、圭一と魅音には格好の
からかいの対象にされている。特技は料理でその腕前は一品。
「〜かな、かな?」「〜だよ、だよ?」など、語尾を繰り返す特徴的な話し方をする。「かぁいい」
ものに目がなく見つけると暴走し、大小拘わらず手当たり次第に「お持ち帰り」してしまう
悪癖がある。その対象は沙都子・梨花や粗大ゴミまで多岐にわたり、ゆえにダム工事現場跡地の
粗大ゴミ置き場が宝の山である。なお、本名は竜宮“礼奈(れいな)”だが、本人は何故か
“レナ”と自称し他人にもそう呼ばせている。

園崎魅音 (そのざき みおん) 圭一やレナの1学年上級生であり、クラスでは委員長を務めるリーダー格。「綿流し編」のヒロイン。
雛見沢村御三家「園崎家」の次期頭首(作中用語;普通は“当主”という)という顔を持ち、
頭首としての修行により料理、裁縫、お華、お琴、銃器、無線機、ヘリの操縦等数々の特技を持つ。
園崎家には頭首の名に「鬼」の1文字を加える習慣があり、「魅音」の名前もそれに由来する。
テンションが高くノリが良いアクティブな性格で、年齢・性別を問わず周囲を退屈させない、
快活なノリでクラスメイト達を引っ張っていく。ただし、時折おじさん臭くなる(一人称も「おじさん」になる)。
勉強は苦手なのか、下級生である圭一にレナと共に勉強を教えてもらっている光景がしばしば見られる。
趣味はカード等の非電源系ゲームで、放課後に「部活」の名目の下、圭一達と様々な遊びで盛り上がる
ことを日課としている。部活では創設当初は弱く自分で定めた罰ゲームの常連であったらしいが、
現在は1位を取るためなら手段を選ばないプレイングで、周囲を恐れさせるほどである。

北条沙都子 (ほうじょう さとこ) 圭一の下級生の女の子。「祟殺し編」のヒロイン。「〜ですわ。」などお嬢様口調で話すが、
その文法はかなり間違っている。相手の動きを予測して巧みにトラップを仕掛けるという、とんでもない
趣味を持つ。その種類はイタズラから本格的なものまで多岐に渡り、到る所にトラップのちりばめられた
裏山は彼女のテリトリーとなっている。運動神経は大変良い。 その口調とあいまってめちゃくちゃな性格に
見えるが、実際は仲間内で一番の常識人。しかし生意気盛りなので、事あるごとに圭一に対抗意識を燃やして
ちょっかいを出すがまだ幼く、魅音や圭一にからかわれて泣いてしまうことも。しかし負けず嫌いな上に
懲りないので、決してめげることはない。ちなみに嫌いな野菜はカボチャを初めとしてかなり多く、
何故かブロッコリーとカリフラワーの区別が付かない。

古手梨花 (ふるで りか) 圭一の下級生で沙都子と同学年。「暇潰し編」のヒロインにして、雛見沢村御三家「古手家」の末裔で
神社の一人娘。毎年6月に行われる「綿流し祭」では巫女役を務める。年齢に似合わぬ冷静さとミステリアスさを
兼ね備えた不思議な雰囲気の少女で、村中の人間から可愛がられている。年少ではあるが家事全般が得意で、
特に料理のレパートリーは豊富。 子猫のような愛くるしさで周囲をいつも和ませるが、実際は中々したたかで
猫というよりは狸。人の不幸や失敗が大好きで、そんな人を見つけては頭を撫でて慰めてあげることに無上の
喜びを感じている。第一人称が「ボク」であり、口数は少ないが「なのです」「み〜」「にぱ〜☆」
「ファイト、お〜」等の口癖を持ち、不思議な存在感をかもし出している。

引用文献
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%B2%E3%81%90%E3%82%89%E3%81%97%E3%81%AE%E3%81%AA%E3%81%8F%E9%A0%83%E3%81%AB

TOPに戻る