こちらは051061のページです

いらっしゃいませ。

おやすみ
スタンドのあかりが、ソファを照らしている。
食事のあとかたづけをしていた。
しずかだと思っていたら、寝息を立てていた。
またソファの上で。
あきれた気持ちで、毛布をとりに行く。

すわり心地のいいソファは、
ときどきベッドに変身してしまう。
ねむくなくても、横になったら寝てしまうことがある。
この場所で、この時間にねむったら
きっと、朝まで起きないだろう。

こどものころの写真がある。
彼は、お兄ちゃんの横にいる。
幼稚園に入ってすぐのころ撮った写真。
弟の手には『世界名作集』の絵本がある。
ちいさな男の子は、
どうして自分がその本を持っているのか覚えていない。
男の子は、ロケットの絵が編みこまれたセーターを着ている。







それは、しあわせな未来につながるセーターだ。
いくつもの道が広がる人生。
ロケットの上には、火星が編みこまれている。

その写真を写したときから時間は流れた。
写真の男の子は、大人になった。
だけど、いまここでねむっている顔には、
こどものころの面影が見える。
いま額には、そのときの傷あとが、うすく残っている。

言葉を交わすわけでもなく
何かをしているわけでもなく
もちろん、何かをしてもらっているわけでもない。
だけど、こんな時間が
思いを深くしていく。

できるだけこの時間がつづきますように。
写真のなかの男の子が
しあわせな人生を歩みますように。
そう願う。
『ドロップ』  廣瀬裕子 さん 
大好きな文章なので、引用させていただきました。
















今夜は、ひとりでねむろう。



     質問&感想