恋路ヶ浜について

恋路ヶ浜[画像/緑魚] 名前の由来[画像/青魚] 恋の伝説[画像/ピンク魚] 語句説明

恋路ヶ浜

[画像/恋路ヶ浜] 田原市の先端の伊良湖岬の灯台から太平洋岸に面して 約1kmの長さの砂浜です。太平洋特有の荒波にも負けず綺麗な砂浜があります。 「日本の渚百選」「日本の白砂青松百選」「日本の道百選」「日本の音風景百選」に 選ばれました。また、「恋人の聖地」にも選ばれており、恋人たちの デートスポットにもなっています。(画像をクリックすると銘板が表示されます)

名前の由来

恋路ヶ浜の名前の由来は、昔、恋ゆえに都を追われた高貴な男女がおりました。 女は恋路ヶ浜に、男は裏浜に人目をさけてひっそりと住んでいました。 2人は逢うこともないまま病気になりお互いの名前を呼びながら死んでいきました。 その女の心は女貝に、男の心はミル貝になったという 伝説が、恋路ヶ浜の由来です。

恋の伝説

上記の名前の由来で書いた恋の伝説があるので訪れる人は多いです。周りのカップルは、 手を繋いだり、肩を抱き合ったりと全員が素直な気持ちになっています。 これも、伝説が関係しているのか謎につつまれています。
この浜辺から毎年、石垣島からプレートをつけた椰子の実を流してきました。 14年目の2001年8月3日に田原市(旧 渥美半島)の浜辺に椰子の実が 漂着しました。漂着したことを記念として恋路ヶ浜に来た人々の願いが叶うように 「願いのかなう鍵」を横の駐車場に設置してあります。 「幸せになれますように」など愛のメッセージを書いて、 その願いを想いながら鍵をかけます。

語句説明

語句について説明します。

日本の渚百選 1996年(平成8年)大日本水産会などが作る選定委員会が決めた100の渚です。
日本の白砂青松百選 社団法人・日本の松の緑を守る会が選んだ、100ヵ所の場所です。
日本の道百選 1986年度及び1987年度に建設省と「道の日」実行委員会により選ばれた日本の特色がある道路です。
日本の音景色百選 「日本の音風景検討会」の選定審査の結果、音環境を守る必要があると認められた100ヶ所の場所。
恋人の聖地 特定非営利活動法人地域地域活性化支援センターが主催する「恋人の聖地プロジェクト」 によって選ばれたデートスポット。


TOPに戻る