Bonjour :)

いぬ


かわごえの好きなものとか趣味とかをさらしてます。


花うちの末っ子

我が家の末っ子、ミニチュアダックスフンドの桃矢。
今年で5才の元気な男の子です。
こんな顔してかなりのやんちゃ。逃亡と暴走が得意。
食べること大好き。水はちょっと苦手。
家族(主に私)によくいじらています。愛ゆえです。
変顔だってコスプレだってどんとこいです。
小さな画像をクリック
犬1
犬2
犬3
犬拡大

花リサとガスパール

リサとガスパールのコレクション。
中学生の頃から地道に集めたものとか。
他にもトートバックとかありますが省略。
2013年2月まで安曇野絵本館で行われたリサとガスパール&ペネロペ展へ遊びに行ったときにいろいろ手に入れました。
ボロボロにするのが怖くて未だにクリアファイルを使う勇気がありません…。
小さな画像をクリック
犬1
写真2
写真3
拡大写真

花本とか漫画とか

まほろ
『まほろ駅前多田便利軒』 三浦しをん 文藝春秋
作者の三浦しをんさんは本屋大賞などで有名な作家さんで、 2006年にこの『まほろ駅前多田便利軒』で直木賞も受賞されました。
とても読みやすくて個人的にお気に入りです。
多田便利軒という便利屋を営んでいる多田啓介のもとに高校の同級生、行天春彦が突然転がり込んできて色々な事件に巻き込まれます。
ちょっと胡散臭いバツイチおっさん二人がなんやかんや頑張っているお話です。
映画化もされています。続編のまほろ駅前番外地はテレビドラマ化されました。
また続編が今年の秋に発売されるらしい。ほしい。


漂砂
『漂砂のうたう』 木内昇 集英社
この作家さんもこの作品で直木賞を受賞されたそうです。
舞台は明治時代初期の遊郭。
御家人の次男だった定九郎は自分の生い立ちを隠して美仙楼という根津の遊廓の客引きとして働いています。
明治維新後のまだたくさんのことが不安定なこの時代でそれぞれの思惑を巡らせる人々の心情を描いているのかなあと思います。
高校3年生の時に初めて読んだのですが、今まで読んだことのないジャンルだったのでとても印象が残っている作品です。
何度も読み返したくなる本。


『よつばと!』 あずまきよひこ アスキー・メディアワークス
月刊コミック電撃大王で連載中の漫画で12巻までコミックが発売されています。
かわいい。とにかくかわいい。
主人公のよつば(5)が日常生活を全力で楽しんています。
とーちゃんとふざけたり、ふーかと遊んだり、やんだと戦ったり毎日全力です。
とにかくかわいい。
思い切り笑いたいときにおすすめ。
マウスを画像の上に置くと画像が入れ替わります


『隠の王(なばりのおう)』 鎌谷悠希 スクウェア・エニックス
月刊Gファンタジーで2010年まで連載されてました。全14巻。
隠の世と呼ばれる忍の世界で、『森羅万象』と呼ばれる秘術を身に刻まれた少年六条 壬晴のお話。
秘術をめぐって壬晴が忍達に狙われる、壬晴は宵風(よいて)という少年に出会います。
この二人を中心に話が動きますが、周りの人々の人間関係や生い立ちも複雑でとても読み応えがありました。
言葉の使いまわしが綺麗だと思います。
余談ですが私はメガネのあの子がすきです。
マウスを画像の上に置くと画像が入れ替わります







私のリンクへ

情報検索

一覧へ戻る


このwebサイトについてのご意見ご感想はメールでお送りください